用語集

摺合せ

摺合せとは
2つの器具の部品が密着するよう材質を研磨剤で摺り、高い密着精度をもつ接合面のこと。
接合部に研磨剤をつけ、ロクロ回転させて摺り込りこみ、密着性の高い摺り合わせを作る。
 
ガラス製理化学製品の摺合せ
使用例:フラスコと管
    管と管
    栓
    アダプター
    本体と蓋 等

ガラス製品の接合には、JIS規格で定められた「共通テーパー摺り接手」と「共通球面摺り接手」があり、
ガラス器具に印字されたTSマークが同一規格であれば他メーカー製品とも互換性があるため、交換、補充に便利である。

摺りの種類
「テーパー摺り」
 三角錐(雄型・雌型)を使用した摺り
「球面摺り」
 ボールジョイントといわれる可動性を必要とする接手に使用される摺り
     
      

関連ページ

共通摺合せガラス製品
摺合わせ製品のご紹介


パンフレットダウンロード お問合せ お見積り依頼

次の製品にはヒアリングシートをご用意しております。
反応装置 ラボタイプ(~5L) / 反応装置 プラントタイプ(6L~)
薄膜蒸発装置・ショートパスエバポレーター・分子蒸留装置
※各製品名をクリックの上、ヒアリングシートをダウンロードして下さい。

最寄りの営業所にお問合せいただくと、よりスムーズなご対応が可能です。
営業所の一覧と連絡先はこちらをご確認ください。